こんにちわ。
治療師の佐藤です。

ここ連日、猛暑日が続き、夕方や夜のゲリラ豪雨でサウナのような蒸し暑さですね。
学生さんは部活動や塾で、親御さんたちは仕事に加えて夏休みのサポートで、忙しいお休みを過ごしているのではないでしょうか?

暑さで疲れている中、部活では合宿、遠征で練習時間がふえたり、レジャーは荷物運びやテントはりなど、いつもと違う動きをしたり、怪我をしてしまうことが増える時期です。

私は先日久しぶりに柔道をしていて、足技をかけようとした際、右足の小指を突き指してしまいました。
直ちにアイシングしてテーピングで固定したので、日常生活に支障は出ませんでした。
怪我をしたり、体に違和感があった際、「そのうち治るだろう〜」とほっといてしまい、実際、軽度なものであれば治っていることもあります。
しかし、痛み、違和感が続いておかしいと思ったら、実は骨にヒビが入っていたというケースもあります。
強い衝撃が無くても、反復的に刺激があると、骨折していることもあります。

怪我をした際、炎症症状というものが出ます。
炎症症状とは5点
・疼痛(痛み)
・腫脹(腫れ)
・発赤(赤み)
・熱感(熱さ)
・機能障害(動けない、動かせない)

もし、怪我、寝違え、ぎっくり腰等で、炎症症状がでたら、応急処置として【RICE】を覚えましょう。

RICEとは、次の動作の頭文字です。
・R 【rest】 安静
・I 【icing】冷却
・C 【compression】圧迫
・E 【elevation】挙上、持ち上げておく

「すぐに冷やして、テーピングなどで固定し、クッションなどの上に患部を置いて、静かに動かない。」が大切です。

当院は定休日なく診療しています。お気軽にご相談ください。
8/16までは、受付時間が午前10:00-午後17:00です。
お盆期間、休まず診療いたします。

8/11-8/16の受付時間は、
午前10:00~午後5:00です。

電話予約
0268-23-8137

オンライン予約はこちらから


2019/7/24・25・26は、
休診させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

27日土曜日午前10時~通常診療いたします。


ネットからの予約はこちらから

2019.07.17 梅雨だる
「梅雨だる。」という言葉をよく耳にします。

梅雨になり、だるい、疲労がぬけない、朝起きられない、体が重いなど様々な症状が出る人が増えています。
今年の梅雨は雨が多く、長いので、元々何かの症状をお持ちの方も、そうでない方も不調に感じやすいのではないでしょうか。
6月~7月は1年でもっとも天候ストレスを感じやすい季節といわれます。

なんだかだるい、なんだか疲れる、なんだか気分が沈む。などなど。当院では、「なんだか不調」という方の治療を得意としています。どうぞご相談ください。
9b8f21ca04feb65d22d5263dd463e5ea_s.jpg
画像はイメージです。
4月から鍼灸学校の学生になりました、高藤です。
私は長野まで通学していますが、7月にもなりかなり暑くなってきました。
暑いのが苦手なのでつらい季節になっています。
さらに、今年は朝晩の温度差が4月頃から激しく、梅雨の影響もあり体調を崩しやすくなっています。
そのせいか、私も最近、頭痛がでやすくなっていて、よく自分でこめかみ部分を指圧しています。

このこめかみの部分には「太陽」というツボがあり緊張性頭痛、いわゆる締め付けられる様な頭痛に効果があると言われてます。
この時期に頭痛で悩まれている方がいましたら、眼精疲労の指圧をおすすめしています。
目の周りと前の首、頭周りを指圧して血流を良くする治療です。
緊張性頭痛は筋肉の過緊張で血流不足になり起こるといわれてます。
ですのでその周りを指圧することで、頭痛の緩和する効果がでます。
是非、お試しください。
柔整師 高藤
zutu.jpeg