今回はしゃっくり(吃逆(きつぎゃく)ともいいます。)についてです。
しゃっくりが止まらなくなって困ったことはありませんか?

西洋医学では、原因は様々ですが横隔膜の痙攣とされています。
一方、東洋医学では『吃逆』といい、ストレスや暴飲暴食などにより胃の気が急に逆流し、上昇するために起こると考えられています。

ビックリすると止まる!と言われますが一人の時だと難しいですよね。
そこで、家庭でできる試して頂きたいしゃっくりの止め方、ツボを紹介します。

1.コップの反対側から水を飲む
 通常、水を飲むときはコップのふちの手前側に口をつけて飲みますが、そうではなくコップのふちの奥側に口をつけて飲む方法。(先日、しゃっくりが止まらなくなった当院のスタッフが試したところ一回で治りました。)

2.ツボ
   内関:手のひらを上にして、手首のシワから指3本分内側。
   天突:左右の鎖骨に挟まれたくぼみ。
   中カン:みぞおちとおへそをつないだ中間点。

それぞれのツボを気持ちいいくらいの力でジワーっと押してみてください。
※但し、二日以上しゃっくりが続く場合は病気の可能性もあるので病院で診てもらってください。

このように東洋医学の治療は幅広くあります。
「この症状は?」と思ったら是非一度ご相談下さい。

副院長 松島

●●●木曜日も9時~7時半、通常診療しています。●●●
9月にはいり、朝夕涼しすぎるくらいになってきました。
皆さまの体調はいかがですか?

このところ「頭痛がする」「前に捻挫したところが痛む」とおっしゃる方が多いと感じます。
首の痛みやぎっくり腰も増えています。

今年は、雨が多く、長野とは思えない蒸し暑い不安定な夏でした。
今の時期は、夏の疲れに気温の低下が加わり、古傷が痛んだり、体の弱いところに不調が出たりしやすいものです。

腰や頚をぐきっとひどく痛める前に、「なんかおかしいな?」と少しでも不調を感じましたら、ご来院下さい。
ご予約おまちしております。

鍼灸師 中山

●●●年末年始を除き、いつでも診療しています●●●
2017.08.28 ***花***
9周年のお花、ありがとうございます!

DSC_0148.jpg
DSC_0147.jpg
DSC_0146.jpg

院内が、華やいでいます。
皆、癒されています。

院長飯島寿徳
寿徳堂秋和鍼灸整骨院は、本日9周年を迎えました。
患者様、地域の皆様、支えて下さっている多くの皆様に感謝致します。

整骨院として、患者様第一というのはどこの院もそうだと思います。
私も、まずは患者様目線ということを第一に考え、「通いやすい院」にしたいと思いました。

さらに、患者様が「自分の身内にも通ってほしい、働いてほしい」と
心から思っていただけるような、そんな院をめざしてきました。

開院数年は、うまくいかないことばかりでした。
ご希望の予約をお取りできなかったり、お話を伺う時間が短くなったり、
私が治療にはいれなかったりと、患者様にたくさんのご迷惑をおかけました。

開院から支えてくれた松島、川村にも、苦労をかけました。
それから多くの治療師と出会い卒業していき、彼らもそれぞれのフィールドで活躍しています。
彼らの成長とともに寿徳堂も成長できたと感謝しています。

先日、お盆に帰省し、寿徳堂に寄ってくれた小松君。
今年、戻ってきてくれた新原さん。
やめた後も、時折連絡をくれたり、顔を見せてくれるスタッフが多く、うれしいです。

介護や育児など家の仕事で時間がとれない方、平日働いている皆様を応援したい。
という思いで、土日祝日診療をはじめました。
そして9年目でようやく、今のような診療のひろがりが実現しました。
それもこれもスタッフと、スタッフのご家族の理解があってこそです。

今後、ITやAIがどんなに進んでも、手当という治療は残ると思います。
整骨院の要は、「人」です。治療師のエネルギーが、患者様によりよい治療をもたらします。
それなのに、業界全体で治療師の働きやすさは、なおざりになっていると感じます。

10周年にむけて、今後も患者様の通いやすさを第一に、治療師の働きやすさを第二に
取り組んでいきたいです。

今日からまた、1つ1つ、1日1日を積み重ねて
皆様に納得・安心・安全を提供し、皆様から信頼をいただける地域医療ができるよう
スタッフ一同精進して参ります。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。
院長 飯島寿徳

DSC_0142.jpg
6周年の時、スタッフからもらった観葉植物が
こんなに大きくなっています!
私も少しずつ日々成長していきたいものです。
長野の夏の味覚といえば。。。沢山ありますが。
最近いただいた、しそジュースとブルーベリージャムの栄養についてお届けします。

DSC_0129.jpg

◆しそジュース
甘酸っぱい夏の味覚の代表です。
「しそ」で注目すべき栄養素は、野菜の中で「β-カロテン」含有量TOPということ。
β-カロチンは、体内で必要量だけビタミンAになります。
ビタミンAには目の光や色を感じる物質を作る重要な働きがあります。
さらに、胃腸や気管支などの粘膜を正常に保ち、健康な皮膚を作る役割があります。
健康な粘膜や皮膚によって、細菌やウイルスが侵入しにくくなります。

しそジュースは、砂糖とクエン酸が入り、さらに疲労回復、熱中症予防にも効果があります。
熱中症予防にも、夏風邪予防にもなり、夏にとりたい栄養ですね。

◆ブルーベリージャム
ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」が目に良いというのは有名です。
眼精疲労、視力回復の効果があります。
夏の紫外線で疲れた目を回復させましょう。

さらに注目すべき栄養素は、ビタミンEです。
細胞の老化を防止、血液循環を促す作用があります。
夏は、体が冷えて血液循環が悪くなりがちです。
乳製品との食べ合わせで、ビタミンEの吸収は高まります。
是非ブルーベリーヨーグルトにして召し上がってみてください。

スタッフ一同、皆様にいただいた夏の味覚でエネルギーチャージ、暑さを乗り切ります!
医療助手 飯島(管理栄養士)

○○○お盆期間も通常診療しております。○○○