黄砂と花粉でもう何が何だかわからない院長の飯島です!
毎年、花粉の時期は色々対処しますが、今年は黄砂が猛烈にきていると感じます。

さて新年度、寿徳堂は施術師高藤が卒業し、1名少なくなりました。
今後の寿徳堂は人を増やさず、今のメンバーでまいります。
数年したらぽつぽつ卒業していくかな?
そしてそのうち院長一人になるでしょうか笑
そんな、10~15年計画に向けて歩みだしました。

毎年新年度は、従業員にちょっとした「おやじの一言」を伝えます。
今年度はシンプルに「挨拶」について。

SNSやネットニュースをみていて、新社会人に企業や親が求めること
に「目を見て挨拶ができる」というのをあげています。
時代が移り変わっても、大切なことはかわらないですね。
社会にでて、職場での一番の悩みはいつの時代も人間関係です。
そして、シンプルに挨拶が日々きちんとできている職場は、人間関係はそれなりにうまく回っていきます。

寿徳堂を卒業してもどの業界へいっても、社会に所属している以上、大事なのは挨拶と話しました。
あたり前をあたり前に伝えるが「新年度のおやじの一言」です笑

新年度も今日という一日の積み重ね。
今日も、挨拶から気持ちよくスタートしたいです。
(花粉と黄砂でハスキーボイスなもので、聞き苦しいかな?)

今年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。
院長 飯島寿徳
新年あけましておめでとうございます。
本日1月4日より通常診療です。
当日予約0268238137もお待ちしています!

今年は機材導入や交換、院建物メンテナンスなど、15年すぎて寿徳堂の様々なてこ入れを考えています。

昨年は、スタッフ教育の年でした。
スタッフ個人個人、スキルアップしたと思います。
私も昨年末に勉強会へいきましたが、教育に力をいれつつ私自身のスキルアップも大切な年と思います。
20周年にむけての強化ですね!

2024年皆様にとって、良いことが増える年でありますように。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。
院長 飯島寿徳
20240104.jpg
2023年も無事に診療をおえました。
皆様に感謝しております。

コロナ禍の社会の中で、皆様の心と体の健康に少しでも寄与できればと思いながら、日々診療にあたってきました。
今年は、コロナの規制がなくなり、一気に社会活動が活発になりました。
その中でインフルエンザやコロナウィルスも活発になり、体調を崩された方も多くいらっしゃったのではないでしょうか。
この3年の変化は大きなものがありました。

急に社会の人の移動が活発になりましたが、変化は何かしらのストレスにはなりますので、心身の不調が出やすくなるきっかけでもあると感じています。
来年も少しでも皆様の日常生活がスムーズにおこなえるよう、手助けができればと思っています。

どうぞ、皆さま良いお年をお迎えください。
年始は2024年1月4日午前10時~です。来年もよろしくお願いいたします。
院長 飯島寿徳
急に寒くなり、様々な痛みや不調で来院される方がふえました。
施術する側も人間ですから、疲れがでる時期です。
そんなときに、尊敬する先生からのサプライズ!

私の師匠、田中勝先生からお葉書とお花が届きました。
「15周年おめでとう。飯島君がんばれ!」というエールです.
20231114.jpg

さらにいただいたメッセージには、
「いろいろな患者さんを治療して技術はベテランの域に達していると思います。
しかし上手になれば、さらに難しい症状の患者さんが来ると思います。
この仕事、どこまでも研究と努力です。」とありました。

師匠の言葉は重みがあります。
田中勝先生は、仙人のような方、1日1食生活。
都心のど真ん中、東京港区青山に開院されて30年近く、多くの患者様が全国各地から来院されます。
1日12時間くらい施術をし、予約がとりにくい先生です。
私はまだまだ先生の足元にも及ばないのですが、先生に教えて頂いた手技は沢山あります。

院の入り口に「がんばらないをがんばる」という絵を飾っています。
基本的には、がんばりすぎないは大事ですね。
ただ、師匠のお言葉には、素直に「よし!がんばろ!」と思えます。
2023.10.17 五感の癒し
15周年の8月を過ぎて、寒くなってまいりましたが、
「先生15周年なんですね。おめでとうございます。」
「もう15年ですか。すごいですね。」
「これからもがんばってください。」
繰り返しそうした言葉や、またあらためてのお花をいただくと
本当に嬉しいものですね。

こうして日々皆様にエネルギーをいただき、15年も続けさせていただいているんです。

ありがたく飾り、癒しチャージです!
季節の変わり目、5感の癒しが大切と感じています。
20031017blog.jpg

ありがとうございます!
院長 飯島寿徳