2023/7/25~28は、夏季休診をさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

尚、お盆期間(午前10時-午後5時最終受付)はすべて診療致します。
よろしくお願い申し上げます。


ネットからの予約はこちらから


20230725n.jpg
エアコンで夏は涼しく、冬でも温かく過ごすことができるので、現代人は自律神経系のはたらきが弱まっている一方、夏の最高気温はどんどん高くなっていて、日によってあるいは日中と夜の気温の高低差が大きく、その変化に自律神経のバランスを崩しやすい人が増えています。1日の温度差が10℃差がでると、自律神経機能が低下するといわれております。
そう考えると、温暖化の気温変動の中で生きる現代人は、日々毎日「限界に挑戦」しているのです。

また、気象病の人は内耳の血流が悪い傾向があることが分かってきました。ですから、からだ(特に首や耳まわり)の血流を改善することも気象病の予防に役立ちます。また、内耳のリンパ液の流れをよくすることも期待できます。

私見ですが、自律神経症状で苦しんでいる方は、
ほぼ顎(あご)関節に異常があります。
脳神経支配なので、当然なのですが、
①口を開けて、指3本はいらない。
②顎に痛みがある。
③くいしばり、はぎしりをする。
に、該当します。

院長整体( カイロプラクティック)の施術は、骨盤・首・背中に加え必要に応じて、顎関節の矯正も致します。
様々な、症状に応じ、オーダーメイドで対応するところが、院長整体の得意とするところです。

病院のリハビリや薬を服用しても、中々改善しない方、または、なんとなくすっきりしない方、
お気軽にご予約ください。院長整体は、お電話か院受付での予約になります。
ネットからは予約ができませんのでご注意下さい。
院長 飯島寿徳
天候や気温の変化が激しく自律神経症状を訴える患者様が増えています。
その中から今回は吐き気についてのお話です。

患者様はGW頃から常に吐き気があり、食事をすると吐き気が強くなる為、あまり食事が取れていませんでした。
以前から、めまいからの吐き気の症状があった為、耳鼻科で検査をしたが異常なし。
消化器内科でも検査をしたが異常なし。先生からも原因不明と言われ、処方された吐き気止めを飲んでも効果がありませんでした。唯一、飲むと少し楽になる酔い止めの薬を毎日飲んでどうにか生活をしている状況で当院に来院されました。

病院の検査で何も異常がないこと、最近の天候・気温が不安定なことから、自律神経が関係しているのではないかと考え、自律神経を整える施術をしました。
指圧、鍼、お灸を組み合併せた施術です。
3回目の施術で毎日服薬していたのが3日に1回に変わり、4回目には吐き気が全くなくなり、服薬もなし。
食事もしっかり取れるようになりました。
現在も体調を崩しやすい時期の為、メンテナンスをかねて通院されています。

気候変動が激しい今、このような症状の方は増加していると感じます。
どうぞお気軽に、お早めにご相談下さい。

20230702.jpg
癒しは自律神経を整えます。多肉植物さん達。すてきに成長中です。(*^_^*)花担当より