秋になり、暑さも和らぎ過ごしやすくなってきました。
ですが、この時期花粉症の辛い症状が出てくる方も多いと思います。
実は春に続いて花粉症が多い季節が秋です。

秋の花粉は主にブタクサやイネ、ヨモギ、ヒノキなどが原因です。

春の花粉症の季節もオススメしていますが、花粉症の症状には鍼治療が効果があります。
主に顔や喉まわり、更に顔面部と関わりの深い腕のツボを使っていきます。

鍼の苦手な方や怖いという方には、テープに小さい針がついていて、貼っておくだけの置き鍼の治療もあります。

このような治療をすることでくしゃみ、鼻水などの症状が軽くなったという声が多いです。
発症の4週間程前から体質改善の為に治療を始めるとより効果がありますが、
症状が出始めてからの改善も期待できます。

耳鼻科の飲み薬と鍼治療の併用は、最も症状の改善効果をもたらす。
との研究結果もでております。

もし花粉症でお困りでしたらお気軽にご相談ください。

治療師 宮崎
Secret

TrackBackURL
→http://jutokudo-blog.com/tb.php/314-ba6fe9e5