鍼灸師宮崎です。前回に引き続きツボのお話です。

今回のツボは「(別説)二間」、読み方は「じかん」です。
人差し指を曲げた時に出来る、第2関節の方のシワの先端にあるツボです。
WHOで定められた約360個のツボには含まれていませんが、それでも奇穴(きけつ)や阿是穴(あぜけつ)といって様々な疾患に効果が期待できるツボは他にも沢山あります。

前述の「(別説)二間」は、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)、俗に言う「 ものもらい」に効果があります。
「ものもらい」が出来てからすぐに「(別説)二間」にお灸をすると、治りが早くなります。

私も「ものもらい」になったときに、自分でお灸をしています。
次の日の朝には腫れがひいていたり、出来ていたものもらいが小さくなっていたことがあります。
薬局等で売っている目薬を併用するとより治りが早くなります。

鍼灸整骨院でものもらいの治療、という考えにはなかなかならないと思いますが、試してみてください。
いつでもご相談おまちしております。

鍼灸師宮崎
Secret

TrackBackURL
→http://jutokudo-blog.com/tb.php/348-be7235fd