鍼灸師宮崎です。早いものでもう6月です。
今年もあと少しで半分が終わりますね。

5月はぎっくり腰で来院される方がとても多い月でした。
気温差や連休明けで、皆さん思っている以上に疲れが溜まっていたのかもしれません。

「ぎっくり腰」は疲れがたまり、普段は何ともないような動きでなってしまう事があります。
ドイツでは、「魔女の一撃」と言われるそうです。

ぎっくり腰になってしまったら、まずアイシング、そしてすぐ治療です。
ぎっくり腰や捻挫のような急に捻った、傷めたようなものは冷やすことがとても大事です。
冷やしたかどうかで治りのスピードも変わってきます。

家でしたら、ビニール袋に氷と少しお水をいれて、冷やしましょう。
湿布をはって、「冷やした!」と思う方が多いのですが、湿布はスースーするだけで、
冷やす効果はありませんのでご注意下さい。

そして、当院では鍼治療やハイボルテージ治療を行います。
その後、湿布や塗り薬をして、コルセットで固定、暫くは無理をしないように気をつけてください。
治りかけで油断して動いていると再発なんてこともあります。

かくいう私も、先日ぎっくり腰になってしまいました。
幸運にも職場にいましたので、受傷してすぐに冷やし、治療もうけられました。

この経験で、患者様の気持ちがわかりましたし、何より治療をする者として、
日頃の体のケアの大切さが、身に染みました。

当院は定休日なしで、土日祝日全て診療しております。
当日でも予約はおとりできます。
お困りの時は、すぐにお電話ください!!

鍼灸師 宮崎
Secret

TrackBackURL
→http://jutokudo-blog.com/tb.php/391-22126bf7